イメージ

ワクチンと病気について

病気(VPD)について

ダニ媒介脳炎について

  • 2018.06.01

ダニ媒介脳炎 Tick-borne Encephalitis (TBE) とは

 
 ダニ媒介性脳炎は、マダニ科に属する各種のマダニ(Ixodes ricinusやI.persulcatus)によって媒介されるフラビウイルス感染症で、ヒトに急性脳炎をおこします。ダニ媒介性脳炎ウイルス群は14 のウイルス種からなりますが、このうち8 種類がヒトに病気をおこします。主なものとして中央ヨーロッパ型脳炎とロシア春夏脳炎があります。

感染経路

ダニに刺咬されることで感染するマダニによって媒介される

(感染した山羊や羊等の未殺菌の乳を飲んで感染することもある)

潜伏期

7-14日

周囲に感染させうる期間

人から人に感染することはありません

感染症法

第4類感染症(直ちに届出が必要)

主な症状は 

中部ヨーロッパ脳炎:

 二相性の病状を呈します。第一期は、インフルエンザ様の発熱・頭痛・筋肉痛がが2~4日間あり、解熱後2-3 日間は症状が消え、その後、約3分の1は、髄膜脳炎に進展し(第二期)痙攣・眩暈・知覚異常などの中枢神経系症状が起こります。

 3-23%に麻痺症状。死亡率は1-5%。35-60%に後遺症として感覚障害、平衡感覚障害、感音性難聴などをきたすことがあります1)。

 

ロシア春夏脳炎:

 病状は一相性です。潜伏期の後に頭痛・発熱・悪心・嘔吐が見られ髄膜脳炎に進展します。精神錯乱・昏睡・痙攣および麻痺 などの脳炎症状が出現することもあります。

 致死率は、中央ヨーロッパ型脳炎で1-2%、ロシア春夏脳炎は20%、回復しても数割の方で神経学的後遺症が残ります1)。

 

診断方法は

 血液や髄液からのダニ媒介脳炎ウイルスの分離・同定、ウイルス遺伝子の検出、ダニ媒介脳炎ウイルス特異的抗体の検出をすることで診断します。

 

治療法は

 特異的な治療方法はありません。海外では、ガンマグロブリン製剤が使用されることがあります。

 

予防法は

 マダニに咬まれないようにすること、ワクチン接種をすることです。


①マダニに咬まれないようにすること

 沢に沿った斜面や森林の笹原、牧草地に入る場合には、長袖、長ズボンを着用、忌避剤を使用しましょう。

野外活動後は入浴し、マダニに刺されていないか確認しましょう。


②ワクチン接種

 日本国内では、北海道において平成5年(1993年)に1例1)、平成28年(2016年)に1例及び平成29年(2017年)に2例、発生が報告されています。流行地に長期滞在する場合や、流行地に居住している場合は、ダニ媒介脳炎ワクチンでの予防を推奨します。

ダニ媒介脳炎ワクチンについてはこちらを参照。


参考サイト

1)国立感染症研究所 ダニ媒介脳炎

2)米国疾病予防管理センターCDC ダニ媒介脳炎(英文)