イメージ

ワクチンと病気について

ワクチン情報

ヒブワクチン

  • 2018.06.01
  • 定期接種
  • 不活化ワクチン
  • 小児
  • 無脾・脾摘
  • 腎不全・透析
  • 糖尿病

ヒブワクチンについて

商品名:アクトヒブ®

予防できる病気

ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症 

(Heamophilus influenzae type b)の頭文字をとってHib(ヒブ)

ワクチンの種類

不活化ワクチン

定期/任意

定期接種

接種回数

4回(初回3回、追加1回)

接種量

1回 0.5ml

接種間隔

【接種開始が生後2か月~7か月に至るまでの場合(4回接種)】

①②③の間は 27 日以上(27-56日)、③④の間は 7 か月以上(7-13か月未満)あける

【接種開始が生後7か月~12か月に至るまでの場合(3回接種)】

①②の間は 27 日以上(27-56日)、②③の間は 7 か月以上(7-13か月未満)あける

【接種開始が12か月~5歳の誕生日に至るまでの場合(1回接種)】 

1回のみ

費用

定期接種のため無料

ワクチンの効果

・乳幼児のヒブ(インフルエンザ菌b型)感染による髄膜炎、咽頭口蓋炎、敗血症の減少の効果があります。 

・日本では平成25年からヒブワクチンが定期接種に導入され、5歳未満の10万人あたりの髄膜炎(ずいまくえん)罹患率が100%減少しました1)

 それまではヒブ髄膜炎は年間450人が発症し、10~20%が命を落とし、30~40%が後遺症を残す小児の怖い病気でした2)

 

どんな人にお勧め?

対象年齢(生後2か月-5歳未満)の全ての子どもにお勧めです。

 

接種スケジュール作成のポイント

 生後2か月から接種し、生後6カ月までに初回接種を済ませるようにしましょう。

生後6か月までは接種するべき予防接種が多いので同時接種がお勧めです。

重要なワクチンなので、同時接種できない場合は優先して接種を行いましょう。

 

ワクチンの副反応

ワクチン接種による一般的な副反応以外に、ヒブワクチンに特異的な副反応報告はありません。

 

ワクチンの禁忌

ヒブワクチンによる強いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)を起こしたことがある場合以外に禁忌はありません。


参考サイト
1) Hib、肺炎球菌、HPVおよびロタウイルスワクチンの各有効性、安全性並びにその投与方法に関する基礎的・臨床的研究. 
  厚生労働科研研究成果データベース.

 

2)小児における侵襲性細菌感染症の全国サーベイランス調査 IASR 31-4

 

3)Hib感染症. 厚生労働省.

 

4)インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンQ&A〈医療従事者用〉 厚生労働省.

 

5)米国小児科学会 最新感染症ガイド R-Book 2015 p564-567