イメージ

ワクチンと病気について

ワクチン情報

二種混合(DT)ワクチン

  • 2018.06.01
  • 定期接種
  • 不活化ワクチン
  • 小児

二種混合(DT)ワクチンについて 

商品名:沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド、DTビック®

 

予防できる病気

ジフテリア破傷風

ワクチンの種類

不活化ワクチン

定期/任意

定期接種:11歳以上13歳未満(11歳時に接種を受けることが望ましい)

(ジフテリアおよび破傷風の第1期の予防接種として4種混合(DPT-IPV)または三種混合(DPT)を接種した人に第2期の予防接種として1回接種します)

任意接種:希望される場合には医師にご相談ください

接種回数

1回

接種量

0.1ml

費用

定期接種:無料

任意接種:1回約4000-5000円(施設により異なる)

 

ワクチンの効果

 二種混合(ジフテリア破傷風混合トキソイド、DT)ワクチンはジフテリアと破傷風の発症を予防するのが目的です。

 ジフテリアと破傷風の第1期の予防接種として四種混合(DPT-IPV)ワクチンまたは三種混合(DPT)ワクチンを接種した人に第2期の予防接種として1回接種します。

 第1期の予防注射は1歳時に接種しますが、最後に接種してから10年程度で効果が弱まるため、このDTワクチンは11歳時に接種することが望ましいとされています。

 

どんな人にお勧め?

 11歳時にすべての子どもたちにお勧めします。

 ただし、二種混合(DT)ワクチンには百日咳に対する効果はありません。百日咳の免疫効果は4-12年で低下するため、定期接種の2種混合(DT)ワクチンの代わりに百日咳含有ワクチン(三種混合(DPTまたはTdap)ワクチンを10歳以降に追加接種すると、百日咳の抗体が再度上昇し、百日咳感染の予防にもつながります。その場合は、任意接種となるため接種希望の場合は取り扱いのある医療機関にご相談下さい。

※百日咳に対する免疫については、三種混合(DPT)ワクチンやTdapもご参照ください。


接種スケジュール作成のポイント

 11歳-13歳未満時の1回の追加接種後、何年毎に接種すべきかの推奨は日本ではまだはっきりしていません。米国では10年毎にTd(破傷風ジフテリア)ワクチンの接種が推奨されており、そのうち1回は百日咳含有ワクチン(Tdap)にすることが強く推奨されています2)。

 

ワクチンの副反応

 ワクチン接種による一般的な副反応以外に、二種混合(DT)ワクチンに特異的な副反応報告はありません。

ワクチンの禁忌

 二種混合(DT)ワクチンによる強いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)を起こしたことがある場合以外に禁忌はありません。



参考サイト

1)国立感染症研究所. 海外の百日せき含有ワクチンの予防接種スケジュールと百日咳対策.
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2404-iasr/related-articles/related-articles-444/7084-444r09.html

 

2)米国疾病予防管理センター(CDC).  学童期の破傷風・ジフテリア・百日咳予防について.(英語)
https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr5503a1.htm

 

3)厚生労働省.  沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド(DT)の副反応疑い報告状況について.

  第30回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成29年度第7回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)資料(2017年9月22日).

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000178486.pdf


4)厚生労働省.ジフテリア. 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/diphtheria/index.html

5)厚生労働省.  破傷風. 

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/tetanus/index.html