イメージ

ワクチンと病気について

ワクチン情報

RSウイルスワクチン

  • 2024.05.26
  • 任意接種
  • 不活化ワクチン
  • 成人
  • 高齢者
  • 腎不全・透析
  • 糖尿病
  • 心不全・心筋梗塞
  • 肺疾患
  • HIV・免疫不全・ステロイド・免疫抑制剤

RSウイルスワクチン

商品名:アレックスビー®

予防できる病気     

RSウイルス感染症

ワクチンの種類

不活化ワクチン

定期/任意

任意接種(60歳以上)

接種回数

1回

接種量・接種方法

0.5ml 筋肉内接種

費用

1回約25000円(施設により異なる)

ワクチンの効果
第Ⅲ相臨床試験では、ワクチン接種後6−7か月の追跡期間で、高齢者(60歳以上)のRSウイルスによる下気道感染を82.6%予防しました1)

どんな人にお勧め?
RSウイルスワクチン(アレックスビー®)は60歳以上が対象ですが、特にRSウイルス感染症の重症化リスクが高い方に勧められます。CDCでは以下のような方を対象としています2)
 ・高齢者
 ・慢性の心臓または肺疾患のある成人
 ・免疫力が低下している成人
 ・特定の基礎疾患のある成人
 ・老人ホームや長期介護施設へ入所している成人

なお、小児のRSウイルス感染の予防注射としてバリビズマブ(シナジス®︎)がありますが、これはワクチンではなく、モノクローナル抗体製剤です。小児のRSウイルス予防注射についてはこちらをご参照ください。

接種スケジュール作成のポイント
短期的効果のデータはありますが、現時点では長期的な効果は不明であり、また高額なワクチンであるため、十分な説明と同意のうえでワクチン接種を行う必要があります。

ワクチンの副反応
臨床試験において、ワクチン接種による一般的な副反応以外に、RSウイルスワクチンに特異的な副反応報告はありませんでした1)

参考文献・サイト

1) Papi A, et al. Respiratory Syncytial Virus Prefusion F Protein Vaccine in Older Adults. N Engl J Med. 2023 Feb 16;388(7):595-608.

2) RSV in Older Adults and Adults with Chronic Medical Conditions. CDC(米国疾病管理予防センター).
https://www.cdc.gov/rsv/high-risk/older-adults.html