イメージ

ワクチンのおはなし

ワクチンについて

ワクチンの筋肉注射(筋注)

  • 2021.02.23

成人にワクチンと筋肉注射をする場合の接種方法をご説明します。

接種のポイントは以下の通りです。

1.接種部位は、上腕三角筋の正中 肩峰から2~3横指下が目安です。

2.注射針の長さは、25㎜(痩せて皮下脂肪が薄い人は16~19㎜も可)
  サイズは23~25G

3.針は根元まで刺します。
  刺す角度は、皮膚に90度(垂直)に刺入します。

4.接種後は、軽く圧迫します。



接種に当たっての注意点です。

1.針を刺した後に逆流の確認(内筒を引く)は必要ありません。
 (三角筋中央部に太い血管はありません)

2.接種後に接種部位はもまないでください。

3.三角筋をつまみ上げないでください。
 (皮下組織をつまみ上げると皮下注になる恐れがあります)

4.グローブは着用しなくても良いです。
 (使用する場合は被接種者1人につき1回交換)


筋肉注射

<動画>

『新型コロナワクチン 筋肉注射の方法とコツ』

日本プライマリ・ケア連合学会 ワクチンチーム監修
https://www.youtube.com/watch?v=1vEFDi_KAxU


<リーフレット>

ワクチンの筋肉注射(筋注)リーフレット】のダウンロード
https://www.pc-covid19.jp/shared/files/Intramuscular-injection.pdf



●筋肉注射で接種するワクチン

 新型コロナワクチン 
 成人肺炎球菌(23価肺炎球菌)ワクチン
 帯状疱疹ワクチン(シングリックス®)
 HPVワクチン
 髄膜炎菌ワクチン(メナクトラ®)
 狂犬病ワクチン(ラビピュール®) など

●筋肉注射で接種が可能なワクチン

 A型肝炎
 B型肝炎
 破傷風トキソイド   など