イメージ

ワクチンのおはなし

ワクチン豆知識

定期接種と任意接種

  • 2018.06.01

予防接種には、法律に基づいて市区町村が主体となって実施する「定期接種」と、希望者が受ける「任意接種」があります。

接種費用は、定期接種は公費で無料ですが(一部で自己負担あり)、任意接種は自己負担(一部市町村の補助あり)となります。

市区町村が実施する予防接種の種類や補助内容の詳細については、市区町村に確認しましょう。

 

定期の予防接種による健康被害が発生した場合には、救済給付を行うための制度がありますので、お住まいの市区町村にご相談ください。

任意予防接種によって健康被害が起こったときは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による救済制度があります。

 

【参考】

 

厚生労働省 予防接種健康被害救済制度

独立行政法人医薬品医療機器総合機構医薬品副作用被害救済制度